ジョニィ・ジョースターの名言・名セリフ集一覧

ジョニィ・ジョースターの名言・名セリフ集一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加  

第7部の主人公。有名な天才騎手だったが、ある事件がきっかけで下半身不随の大怪我を負う。その後は失意のどん底に落ちた人生を送り、「見えない宿命に縛られている」という悲観的な考え方により前向きに生きることさえ放棄していたが、SBRレースの会場で謎の男ジャイロ・ツェペリと出会ったことから彼の運命が一変する。

 

下半身不随により馬にもまともに乗れなくなった男。馬に乗れなければ大会へは出られない。もうすぐレースはスタートしようとしていた。この物語は彼の精神が成長し歩き出す物語である。

 

タスク(爪):両手両足の指の爪を回転して物を切ったり、弾丸のように発射できる。発射した爪は再生していくらでも補充できるようだ。射程距離は10メートル程度。また回転の摩擦により地面をけずるように移動できたりもする。

 

「悪魔のてのひら」を通過した時ミイラ化した左腕がジョニィの左腕に取り憑いた。それが発現させてるスタンド能力らしい。その左腕の守護精霊はとってもキュート。そうジョニィには見えた。下記に詳細あり。

 

迷ったら『撃つな』・・・・・・・・・・だ!

 

だがもう『迷い』はない

 

スタンド「シビル・ウォー」に苦しむジョニィ。捨て去ったものの幻へ何度も「爪弾」を放とうとするが、そのたび幻影に「迷ったなら撃つのはやめなさい」と止められ、躊躇する。しかしスタンド本体のアクセル・ROに自分の生きる目的となった「遺体」を奪われた時、ジョニィは腹を固めた。

 

「生きる」とか「死ぬ」とか誰が「正義」で誰が「悪」だなんてどうでもいいッ!!

 

「遺体」が聖人だなんて事もぼくにはどうだっていいんだッ!!

 

ぼくはまだ「マイナス」なんだッ!

 

「ゼロ」に向かって行きたいッ!

 

「遺体」を手に入れて自分の「マイナス」を「ゼロ」に戻したいだけだッ!!

 

『スティール・ボール・ラン』におけるジョニィの目的は、いつしか「遺体」を集めることに変わっていた。しかしもう少しで全ての「遺体」が集まると思った矢先、ほとんどを大統領に奪われてしまう。ジャイロ・ツェペリにあきらめろと言われ、ジョニィは悔しさから嗚咽(おえつ)する。

 

少しだけ「希望」で喜ばせておいて そして最後にぼくから全てを奪い去って行く・・・・・・・・!

 

ついに「宿命」が追いついて来た

 

兄さんの「借りを返せ」・・・と

 

今追いつかれたんだ

 

兄の代わり自分が死ぬべきだったと思い込んでいるジョニィは、ついに逃れ得ぬ“死の宿命”がやってきたと覚悟する。

 

スポンサードリンク

 

『回転』・・・・・・・・・・

 

全ての希望は・・・・・・・・

 

『回転』の動きの中にある!

 

ある事件がきっかけで半身不随となり人生に絶望していたジョニィは、SBR会場で知り合った謎の男ツェペリに出会ったことで、体を治すヒントをつかみ、生きることへの希望が湧いた。

 

これはもう「爪」を超えた・・・・・・・・「牙(きば)」だ

 

これからは「牙(タスク)」と呼ぶ!

 

「飢えなきゃ」勝てない

 

ただしあんなDioなんかより

 

ずっとずっともっと気高く「飢え」なくては!

 

第3ステージのゴール前、必ず勝つと奮い立つジャイロに、「君はDioには勝てないッ!」とジョニィは言い放った。ジャイロは人から教えられた技術によって、死刑を告げられた少年を救うために闘う「受け継いだ者」であるのに対し、Dioことディエゴ・ブランドーは馬術も地位も全てを奪い取ってきた「飢えた者」。その差をジョニィは指摘したのだ。

 

『虫さされフェチ』って・・・わかる?

 

女の子の二の腕とか足とかの皮膚が蚊に刺されてプチッと赤く膨れるだろ

 

あれに興奮する!

 

ジョニィのマニアックなフェチが明らかになった瞬間である。

 

信じたかった

 

本当に・・・大統領を信じたかった

 

さようならジャイロ・・・・・・・・・・

 

さようなら

 

死んだジャイロを別次元から連れて来る代わりに、回転を止めてもらう交換条件をジョニィに突きつけるヴァレンタイン大統領。ジョニィの心は揺らぐが、それも助かりたいだけの大統領の方便だった。ヴァレンタインを葬ったジョニィは、上空に消えていくジャイロを見上げながら悲しみに暮れる。

 

スポンサードリンク

 

Dioは生まれた時から

 

運命までも『奪い取って』来た人間!

 

Dioことディエゴ・ブランドーがどういう人間か、ジョニィは身を持って知っていた。

 

すでにあいつもう「何か」しているのかもしれないッ!

 

たった今ッ!!この時もツ!

 

「何か」はわからないがあいつ間違いなく「何か」しているッ!それがあいつの「本質」ッ!

 

もうすでに終わっているのかも知れないッ!!

 

見たろ?・・・・・・・・足が動くんだ

 

ぼくは感謝したんだ

 

レースに参加した事を感謝したんだ

 

この「左手」を拾えた事で命を失ってもいいと思った渡したくない

 

こんなとるにたらないこのボクに生きる目的が出来た事に本当に感謝したんだ

 

オペラ?「音楽」の?

 

セリフを言えば済むのに

 

なぜかイキナリ歌い出して状況を説明するあの演劇の事か?

 

(連れて行かれるのはぼくの方だったんだ・・・・・・・・ぼくが死ぬべきだったんだ・・・・・・・・・・

 

だからきっと『借りは返せ』といつか『宿命』がかわりにぼくに追いついてくる

 

少しずつ少しずつ 「宿命」がぼくを気づかないうちにとり囲んで・・・・・・ぐるぐると縛ってすぐに逃げられないように・・・・・・

 

そして希望で一瞬だけ喜ばせておいて・・・最後の最後でぼくを見捨てるんだ・・・

 

誰も関心なんか払わない

 

みんな見捨てる観(み)にさえも来ない)

 

父親との確執、兄の死、ジョニィにはトラウマがつきまとっていた。

 

Dioは『飢えた者』!

 

君は『受け継いだ者』!

 

どっちが「良い」とか「悪い」とか言ってるんじゃあない!

 

その差がこの大陸レースというきれい事がいっさい通用しない追いつめられた最後の一瞬に出る!

 

その差は君の勝利を奪い 君を喰いつぶすぞッ!

 

ジョニィはツェペリに警告した。命がけのレースにおいてこのままではDioには決して敵わないと。もっているモノが違うのだ。

 

君は『受け継いだ人間』だ!

 

ツェペリに向かって叫ぶジョニィ。

 

『爪(タスク)・ACT4(アクトフォー)』だ

 

『生贄(いけにえ)』は・・・・・・・・・・ヴァレンタイン大統領!

 

どっちになると思う?

 

パワーアップした『タスク・ACT4』。対峙するジョニィとヴァレンタイン大統領。今、お互いの人生を賭けた最後の戦いがはじまろうとしていた。

 

日本人だ 日本人は礼儀正しいから

 

それが逆に不気味だ

 

【タスクACT1】

 

チュミ

 

チュミィィ〜〜〜〜イィイイィィィ

 

ジョニィのスタンドタスクACT1は高らかに囀った。

 

ここはもういっぱいいっぱいだぜ

 

予約はずっと先まで・・・・・・・・・・満室だ

 

この『死体』は絶対に渡さない!

 

これはぼくの希望になった!

 

(そしてジャイロは絶望していたぼくの未来に勇気をくれた)

 

うう・・・う・・・う ううっう うううっ う うううう うう

 

あああ・・・・・・・・うあああ・・・ああああああ

 

うわあああああああぁああ あああああぁ うああああああああ うわああああっ あああああ

 

ヴァレンタイン大統領を倒したジョニィは、今あらためて戦友ジャイロの死を思い、悲痛な叫び声を挙げながら号泣する。

 

絶対に友達は彼の祖国へ連れて帰る・・・・・・絶対にだ!

 

『スティール・ボール・ラン』レースを終えたジョニィは、ジャイロの遺体を携えて、ネアポリス王国へ向かう船に乗ろうとした。積荷の中身が規則違反の遺体と知って、強引に船から下ろそうとする税関職員たちは、積荷に近づくと体が回転してしまうため、手出しできない。

 

あんたの方が・・・

 

「正しい道」なのかもしれない・・・・・・・・・・

 

大統領との決戦のなかで悩むジョニィ。彼もまた多くの葛藤を抱えているのだ。

 

くそォォッ!!この『敵』ッ!!

 

絶対にブッ殺してやるぅぅぅぅゥゥ─────ッ!!

 

「本物」を探せ・・・自分の眼で・・・

 

「本物」を見なければ回転しないッ!

 

敵に追いつめられ、スタンド能力の「爪弾(つめだん)」を放とうとするジョニィは、その威力を最大限に発揮するための「黄金長方形」が見つからずもがく。だがやがて図形や人工物ではなく、自然界に存在する蝶や葉の形に「本物」のフォルムを見出した。

 

【タスクACT4】

 

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ オラオラオラオラオラオラアッ

 

ナイフが何本も突然空間から「現れた」!

 

Dioの体も瞬間に空間を移動した!

 

単純に「テクニック」とか「スピード」だとかなんかじゃあない・・・あいつの「能力」が全く違う!

 

まるで時間が何秒か「止められた」みたいだった!

 

冗談よ ウソ・・・落ちつけよ・・・・・・・・

 

そう・・・落ちつけって・・・・・・・・・・

 

僕の方がな・・・

 

僕は・・・あんたの「誓い」を今・・・・・・・・・・100%信じる事にした

 

だがあと1%信じたい

 

あんたの誓いの「裏」のさらなる「裏」に

 

『だまし討ち』と『裏切り』が潜んでいない事を・・・

 

追い込まれたヴァレンタイン大統領が持ちだした交換条件。ジョニィは、偽りなきことを心から誓うとするその言葉の奥のそのまた奥の心意を確かめよとする。

 

ありがとう・・・・・・

 

ありがとうジャイロ

 

本当に・・・・・・・・

 

本当に・・・・・・「ありがとう」

 

・・・それしか言う言葉がみつからない・・・

 

旅を共にしたジャイロを失ったジョニィは、戦友にたったひとつの言葉を捧げる。

 

スポンサードリンク

 

タスク(爪)・ACT1:ジョニィ・ジョースターの回転する指のエネルギーの爪弾。

 

タスク(爪)・ACT2:爪弾の弾痕(穴)が敵や物体を追跡する。(破壊したら回転は終わる)

 

タスク(爪)・ACT3:ジョニィ自らを爪弾で撃つと自分の体を「穴」の中に隠すことができる。(異次元との境界に隠れているのかもしれない)

 

タスク(爪)・ACT4:──ツェペリ一族の祖先が考案した理論を伝えられる──『馬の走る力を利用した回転』とジョニィの爪の回転を合わせると無限の回転エネルギーとなるスタンド能力。その回転は重力を支配するため、異次元間をつき抜けて行く。(そのダメージもおそらく無限で終りがないはずだ)

 

【黄金長方形】比率1:1.618の長方形の中で、正確にうず巻き回転させると、「爪弾」は理論上、無限の回転となる。これが「黄金の回転」。そして、それはジョニィのスタンド能力と合体して「移動する穴」となって敵を追跡する。

 

ジャイロ・ツェペリ

 

ヴァレンタイン大統領

 

ディエゴ・ブランドー

 

サンドマン

 

ポコロコ

 

マウンテン・ティム

 

ホット・パンツ

 

スティーブン・スティール

 

ルーシー・スティール

 

ベンジャミン・ブンブーン

 

アンドレ・ブンブーン

 

L.A.ブンブーン

 

オエコモバ

 

ポーク・パイ・ハット小僧

 

フェルディナンド博士

 

リンゴォ・ロードアゲイン

 

ブラックモア

 

マイク・O

 

ウェカピポ

 

マジェント・マジェント

 

アクセル・RO

 

ディ・ス・コ

 

シュガー・マウンテン

 

ノリスケ・ヒガシカタ

 

実況

 

レースを見に来た野次馬

 

ジャイロからお金を盗んだスリ

 

グレゴリオ・ツェペリ

 

ジョニィ・ジョースターの父

 

ディエゴ・ブランドーの母

 

スカーレット・ヴァレンタイン

 

陸軍騎兵隊大尉ヴァレンタイン

 

聖人の遺体

 

大統領の側近

 

ヨハネによる福音書

 

ナレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加