ジョナサン・ジョースターの名言・名セリフ集一覧

ジョナサン・ジョースターの名言・名セリフ集一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加  

真面目で正義心あふれた性格。曲がったことは大嫌いで紳士たる生き方を貫く。あらゆる困難に立ち向かう大いなる勇気とタフさをもつ。

 

知らない子だが

 

ぼくには戦う理由があるッ

 

向こうへ行けよッ

 

ぼくは君に感謝されたくってあいつらに向かって行ったんじゃあないぞッ!

 

ぼくは本当の紳士をめざしているからだ!君が女の子で困っていたからだ!

 

相手が大きいヤツだからって負けるとわかっているからって

 

紳士は勇気を持って戦わなくてはならない時があるからだぞッ!!

 

ジョナサンはよく知らないエリナのために、自分よりも大きい相手へと果敢に飛びかかっていった。あえなく返り討ちにあい、地に倒されるジョナサンだったが、その瞳に後悔の色はない。

 

なっ!何をするだァ─────ッ

 

ゆるさんッ!

 

ジョースター家に迎えられたディオと対面し、礼儀正しく挨拶をするジョナサン。さらに駆け寄る愛犬ダニーを紹介しようとすると、敵対心を燃やすディオは膝蹴りでダニーを地に這わせた。紳士的なジョナサンも、怒りで拳を震わさずにはいられない。

 

スポンサードリンク

 

さびしいよ・・・・・・・・・・

 

ああ ぼくはこうして悲しみのまま

 

涙でずぶぬれになって死んで行くんだ

 

ジョースター家で世話になることになったディオは、勉学や作法に秀でる利口者だった。ディオに比べて不出来なジョナサンを、ジョースター卿は厳しく叱咤する。楽しく幸せだった日々を突然失ったジョナサンは、味わったことのない寂寥感(せきりょうかん)を噛み締めた。

 

誰もぼくの亡骸(なきがら)を見ても

 

泣いてくれないだろうな・・・・・・・・

 

ため息ぐらいついてくれるかな

 

もう2度とあの時計は

 

もどらないような気がする

 

こわれるまでッ!

 

ディオォォオオ─────ッ

 

君がッ 泣くまで

 

殴るのをやめないッ!

 

愛するエリナがディオに無理矢理唇を奪われたと知ったジョナサンは、先日ボクシングでたたきのめされた苦い思いを胸に、報復を仕掛ける。やがて顔を腫らしたディオの瞳から涙が流れ落ちた。

 

スポンサードリンク

 

まるで・・・まるで気持ちを通さない

 

ガラスの壁をはられたようだ!

 

ぼくは父を守るッ!

 

ジョースター家を守るッ!

 

たとえこの右手を失う事になろうとも

 

行かなくてはならない理由があるのです!

 

試してみろ!ひっぱった瞬間

 

ぼくの丸太のような足蹴りが

 

君の股間をつぶす

 

それでもいいのなら!

 

ぼくには指4本など失ってもいい理由がある!

 

それは父を守るため!

 

ジョースター家を守るため!

 

君らとは闘う動機の「格」が違うんだ!

 

ディオが父に与えようとした薬を調べるため、ジョナサンは呪われた者が住むという食屍鬼街に足を踏み入れる。早速現れた暴漢にナイフを向けられるが、一族を背負って闘う男は躊躇せずにそれを素手でつかむ。

 

ぼくは・・・・・・父のためにここに来た・・・・・・

 

だから蹴る瞬間!君にも父や母や兄弟がいるはずだと思った・・・・・・

 

君の父親が悲しむことはしたくないッ!

 

襲ってきたスピードワゴンたちを一蹴するジョナサン。しかしその攻撃には手加減がくわえられていた。

 

強い意志を持つ!

 

ディオはすでに人間ではないのなだからッ!

 

魔物なのだからッ!

 

「策」ではないッ!「勇気」だ!!

 

「策を弄すれば弄するほど人間には限界がある」と見下すディオは、石仮面の力によって頭を撃たれても死なない魔物へと変貌を遂げ、人間の生命を吸い取っていく。その姿におののきながらも立ち向かうジョナサンは、策よりも大事なものがある、と言い放った。

 

この火では倒せないッ!!

 

体を燃やしながらも攻撃してくるッ!

 

ぼくの青春はディオとの青春!

 

これからその青春に決着をつけてやるッ!

 

魔物になったディオを野放しにはできない───。決意したジョナサンは、燃え上がる邸を駆け上がっていく。生涯のライバルを倒すことは、善悪を超えた闘いになるはずだった。

 

この生命(いのち)も燃やし尽くそう!

 

引きかえにディオ

 

君の魔物の力を封じよう!

 

このナイフはッ

 

うおおお このナイフはッ!!

 

このナイフは君がとうさんに突きたてたナイフだァ───ッ!!

 

いつだって ささえるさ

 

なっ!?座ったままの姿勢!

 

膝だけであんな跳躍を!

 

ふるえるぞハート!

 

燃えつきるほどヒ───ト!!

 

ディオの手!・・・・・・・・悪意がある

 

悪意の血液の流れを感じる!!

 

奇妙な気分だ・・・

 

学校でならった黒騎士ブラフォードが

 

ぼくの前へ怨念をかかえて向かってくる!

 

ほしい!たった「ひと呼吸!」

 

吸い!そして吐くひと呼吸!

 

ひと呼吸でいいのだ!

 

肺の底までしみ通る空気!そうすれば「波紋」を起こせるッ!

 

刻むぞ 血液のビート!

 

ふるえるぞハート!

 

燃えつきるほどヒ─ト!!

 

おおおおおっ 刻むぞ血液のビート!

 

石仮面をかぶって吸血鬼と化したディオ・ブランドーは、死者を屍生人(ゾンビ)として蘇らせては下僕とした。一方、ジョナサン・ジョースターはディオを倒すため、特別な呼吸法でエネルギーを作り出す「波紋法」を学ぶ。ディオが放った刺客・黒騎士ブラフォードに劣勢を強いられるジョナサンだったが、敵の刀を蹴り上げた時、全身に力が漲(みなぎ)る。肉体が爆(は)ぜるのを感じながら、ジョナサンは「波紋疾走(オーバードライブ)」を繰り出した。

 

なんという皮肉!

 

なんという奇妙な運命!

 

そんな!・・・・・・・・

 

魂を救うために殺さなくてはいけないなんて!

 

おまえの骨ひとつとてこの世に残さん!

 

邪悪な魂を絶ってやる!!

 

歴史の闇に永遠に沈め!

 

屍生人(ゾンビ)になど

 

誇りある我が名を教える必要なし!

 

地獄からもどって来たぞディオ!

 

おまえを葬るのに 罪悪感なし!

 

浄めてやるッ

 

その穢(けが)れたる野望!

 

信念さえあれば人間に不可能はない!

 

人間は成長するのだ!してみせるッ!

 

人間を超越し魔物となったディオは、人間の存在を嘲笑う。しかしジョナサンがディオに怯むことはなかった。

 

散滅すべしディオ!

 

き・・・切れた

 

ぼくの体の中でなにかが切れた・・・

 

決定的ななにかが・・・・・・

 

ディオ・・・君のいうように 

 

ぼくらはやはりふたりでひとりだったのかもしれないな

 

奇妙な友情すら感じるよ・・・

 

そして今 ふたりの運命は完全にひとつになった・・・

 

そして・・・船の爆発で消える・・・

 

スポンサードリンク

 

ディオ・ブランドー

 

ツェペリ男爵

 

スピードワゴン

 

エリナ・ペンドルトン

 

ジョージ・ジョースターT世

 

ナレーション

 

切り裂きジャック

 

黒騎士ブラフォード

 

タルカス

 

ポコ

 

ポコの姉

 

老師トンペティ

 

ストレイツォ

 

ディオの悪友たち

 

精気を吸いとられた警官

 

老いた浮浪者

 

吸血鬼・屍生人(ゾンビ)たち

 

ワンチェン

 

怪人ドゥービー

 

石仮面の男

 

スティンクス神父

 

ダリオ・ブランドー

このエントリーをはてなブックマークに追加