ヴァレンタイン大統領の名言・名セリフ集一覧

ヴァレンタイン大統領の名言・名セリフ集一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アメリカ合衆国大統領。それを手に入れると、世の中を統べる圧倒的なパワーをもつとされる「遺体」を集めるため、SBRレースを開催。アメリカを『世界の中心』にしようと目論む。そのためには決して手段を選ばず、邪魔するものは誰であろうと抹殺しようとする。

 

D4C(ディー・フォー・シー)(Dirty Deeds Done Dirt Cheap):物と物の間にはさまると、無数の多次元に行く事ができる────能力。もうひとりの大統領と入れ替わって負傷などを治せて戻って来れる。下記に詳細あり。

 

どジャアァァ〜〜〜〜〜ん

 

敵や邪魔者を消す時に時折放つ大統領の謎の決め台詞。機嫌がいいのかもしれない。

 

この人間世界の「平和」と「幸福」は

 

うぬぼれたバカ者同士の手と手をとり合った平等なんかで治まったりはしない

 

「強い国」がナプキンをとる事で始まる

 

同じ場所に隣りの世界を同時に存在させられる

 

それがスタンド能力“いともたやすく行われるえげつない行為”

 

『D・D・D・D・C(ディー・4・シー)』

 

スポンサードリンク

 

我が心と行動に一点の曇りなし・・・・・・・・・・!

 

全てが『正義』だ

 

ジョニィのスタンド「爪(タスク)・ACT4」の攻撃を受けたヴァレンタイン大統領は無限の回転の中へ。すると死んだジャイロを別次元から連れて来る代わりに、回転を止めてくれるようジョニィに乞うた。信用されるため、ヴァレンタインは自分が誓いを守る人間であること、愛国心、父親への愛を語る。しかし正義を宣誓した直後、隠し持っていた拳銃を抜き、ジョニィに向かって引き金を引いた。

 

戦局でいう所の・・・「一手」だな

 

「一手」見誤った者の敗北という事か・・・・・・

 

ジャイロおまえの方が・・・わたしの方ではないがな・・・・・・・・・・

 

『力』!!『栄光』!!『幸福』!

 

『文明』『法律』『金』!

 

『食料』『民衆の心』!!

 

このわたしがッ!

 

最初のナプキンを手にしたぞッ!

 

スポンサードリンク

 

男が女にひかれる基準だが・・・あるいは女が男にひかれる基準だが・・・・・・・・・・

 

「愛」だとか「愛してない」だとか「好き」だとか「嫌い」だとかそんなんじゃあない・・・・・・・・・・

 

「吉」であるかどうかだ

 

自分にとってその男が・・・あるいは女が「吉」であるかどうかなのだ

 

ルーシーによって妻が命を落とし、自分自身も「涙のカッター」で切りつけられ、今も命を狙われていることを知りながら、ヴァレンタイン大統領はそれでも彼女にひかれる。

 

「ナプキンを取れる者」とは万人から「尊敬」されていなくてはならない

 

誰でも良いってわけではない・・・

 

無礼者や暴君はハジかれる─────

 

それは『敗者』だ

 

『安定した平和』とは!

 

平等なる者同士の固い『握手』よりも 絶対的優位に立つ者が治める事で成り立つのが

 

この『人の世の現実』!!

 

民主主義だからみんなで決めてるか?

 

それとも自由競争か?違うッ!!

 

ナプキンを取れる者が決めている!

 

妻に変装したルーシーから『スティール・ボール・ラン』レースに情熱をかたむける理由を聞かれたヴァレンタイン大統領はたとえ話を始める。テーブルにあるナプキンは、右と左のどちら側から取るべきか。答えは「『最初に取った者』に従う」。そしてこのレースが終わった時、ナプキンを取るのは自分なのだと力説した。

 

わたしの「部下」が行う事は・・・・・・スティール君 「作戦」というのだよ

 

「殺人」ではない・・・・・・・・・・

 

わたしが下す「命令」のことはな

 

自分が行うことの高尚さ、正しさをアピール。

 

何かカワイイ スゴクだ・・・・・・・・

 

何か違うな 仕草がすごくいい

 

いつもと違う妻の様子に違和感を覚えながらちょっと興奮してきている大統領。今の妻はスティールの若き嫁であるルーシーが変装しているのだった。

 

あの『死体』を手に入れる事が『正義』だ!そのためにはどんな手段でもとる!

 

歴史上いかなる権力よりもどんな財宝よりも人類が待ち望んでいた『死体』だッ!

 

何ものにも優先するッ!

 

『殺人』だと!?言葉に気をつけろ!

 

誰かが最初に右のナプキンを取ったら全員が「右」を取らざるを得ない

 

もし左なら全員が左側のナプキンだ

 

そうせざるを得ない これが「社会」だ・・・・・・・・・・

 

ヴァレンタインは、世に最も影響を与える存在、最初にナプキンを取るものを目指しているのだ。

 

「陽(ひ)」のあたる所必ず「陰」があり・・・幸福のある所必ず反対側に不幸な者がいる・・・・・・・・・・

 

「幸せ」と「不幸」は神の視点で見ればプラスマイナス『ゼロ』!

 

何なんだ?スカーレット

 

すごくカワイイぞその表情

 

興奮してきた・・・・・・・・服を脱げ

 

ついに興奮が頂点に達した大統領は行動に出る。スカーレットに変装しているルーシーを見抜いているのかいないのか・・・。

 

『Dirty deeds done dirt cheap』

 

“いともたやすく行われるえげつない行為”

 

この人間世界の現実・・・新しい時代の幕開けの時には必ず立ち向かわなくてはならない『試練』がある

 

『試練』には必ず「戦い」があり「流される血」がある

 

『試練』は「強敵」であるほど良い・・・試練は「供えもの」だ りっぱであるほど良い

 

ジャイロ・・・・・・・・おまえは・・・・・・・・

 

(ルーシーを救うために)ルーシーを『馬に乗せてたがゆえに』このわたしとD4Cを敗北ギリギリまで追いつめたが

 

ルーシーを『馬に乗せてたがゆえに』完全に敗北したのだ

 

これから行われるのは「生贄(いけにえ)」だ・・・

 

おまえ!ジョニィ・ジョースター・・・

 

試練は・・・流される血で終わる・・・・・・

 

「美しさ」の陰には「ひどさ」がある

 

いつも「プラス」と「マイナス」は均衡しているのだ

 

スポンサードリンク

 

アメリカ合衆国大統領。それを手に入れると、世の中を統べる圧倒的なパワーをもつとされる「遺体」を集めるため、SBRレースを開催。アメリカを『世界の中心』にしようと目論む。そのためには決して手段を選ばず、邪魔するものは誰であろうと抹殺しようとする。愛国心を強く掲げてはいるが、それは“自分たちの国さえよければ他の国がどうなってもかまわない”という極端な思想でもある。

 

D4C(ディー・フォー・シー)(Dirty Deeds Done Dirt Cheap):物と物の間にはさまると、無数の多次元に行く事ができる────能力。もうひとりの大統領と入れ替わって負傷などを治せて戻って来れる。攻撃射程距離2m。手足の打撃や蹴りで攻撃する。「D4C」は多次元でも1体のみ。基本次元となるのは『遺体のある世界』。他の次元の物や人間同士が出会うと、破壊してお互い消滅してしまうので注意が必要。お金持ちにはなれない。例外は「本体ヴァレンタイン大統領」だけ。

 

D4C─ラブトレイン─:9つに分かれた遺体がルーシーの体を通じて、そろった時の現象。幸運なものだけを残し、不幸なものをこの場所以外の地球のどこかへ吹き飛ばす現象。遺体を所有する大統領の「D4C」に能力を味方している。

 

ジョニィ・ジョースター

 

ジャイロ・ツェペリ

 

ディエゴ・ブランドー

 

サンドマン

 

ポコロコ

 

マウンテン・ティム

 

ホット・パンツ

 

スティーブン・スティール

 

ルーシー・スティール

 

ベンジャミン・ブンブーン

 

アンドレ・ブンブーン

 

L.A.ブンブーン

 

オエコモバ

 

ポーク・パイ・ハット小僧

 

フェルディナンド博士

 

リンゴォ・ロードアゲイン

 

ブラックモア

 

マイク・O

 

ウェカピポ

 

マジェント・マジェント

 

アクセル・RO

 

ディ・ス・コ

 

シュガー・マウンテン

 

ノリスケ・ヒガシカタ

 

実況

 

レースを見に来た野次馬

 

ジャイロからお金を盗んだスリ

 

グレゴリオ・ツェペリ

 

ジョニィ・ジョースターの父

 

ディエゴ・ブランドーの母

 

スカーレット・ヴァレンタイン

 

陸軍騎兵隊大尉ヴァレンタイン

 

聖人の遺体

 

大統領の側近

 

ヨハネによる福音書

 

ナレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加