ディアボロの名言・名セリフ集一覧①

ディアボロの名言・名セリフ集一覧①

ギャング組織である“パッショーネ”のボス。異常なほど己の正体を知られることを嫌う。自らを「帝王」と称し、永遠に絶頂であることを目指し、そのためならたとえ身内であっても手段は選ばない。二重人格で、「ドッピオ」という気弱な少年の人格をもっている。

キング・クリムゾン:簡単に言うと「時間」を飛び越える事ができる。正確に言うとこの世の「時間」を十数秒消し去り、その中を自分だけが動く事ができ、他人の動きを予知するように見る事ができる。

時間を消された、この世の全ての人間や生き物は、その時間を体験しておらず、記憶はもちろんない。時計の針や飛ぶ鳥は瞬間移動したように見え、読んでいた本もどこまで読んだのか覚えていない。弱点は射程距離と持続力がないため、複数の人間相手だと本体の正体がバレてしまう。

 

この『キング・クリムゾン』の前では

何者だろうとその「動き」は無意味となる!!

 

誰だろうとわたしの永遠の絶頂をおびやかす者は許さない決して

確実に消え去ってもらう

 

「帝王」はこのディアボロだッ!!

依然変わりなくッ!

いついかなるときも自分が頂点に君臨することに変わりはない。永遠に。

 

『キング・クリムゾン』の能力の中ではこの世の時間は消し飛び・・・・・・・・

そして全ての人間はこの時間の中で動いた足あとを覚えていないッ!

『空の雲はちぎれ飛んだ事に気づかず!』・・・・・・・・

『消えた炎は消えた瞬間を炎自身さえ認識しない!』

『結果』だけだ!!

この世には『結果』だけが残る!!

時間の消し飛んだ世界では「動き」は全て無意味となるのだッ!

 

『キング・クリムゾン』を見た者は

すでにその『時』・・・・・・・・・・

もうこの世にはいない!!

 

運命はこのオレを「頂点」に選んでくれたのだッ!

このディアボロはいつだって

危機を乗り越えて来た「帝王」なのだッ!

 

「精神力」なのか・・・なぜおまえが動けるのか理解できないが

その「傷」・・・心臓にまで達している!

致命傷なのだ・・・!

そのまま休んでいれば・・・・・・

一階には行けないが・・・あの世には楽に行ける

ディアボロのスタンド『キング・クリムゾン』に致命傷を負わされたブチャラティ。しかし彼の命はなぜか潰えなかった。

 

最後だから教えてやろう・・・・・・・・・・

おまえがたった今目撃しそして触れたものは・・・・・・・・・・

『未来』のおまえ自身だ

数秒過去のおまえが未来のおまえ自身を見たのだ

これが我が『キング・クリムゾン』の能力!

『時間を消し去って』飛び越えさせた・・・!!

 

誰が言った言葉・・・・・・・・だったか・・・・・・・・

『我々はみな運命に選ばれた兵士』・・・

運命はこのオレに・・・・・・・・

「時を飛ばし」・・・・・・・・・・

「予知」ができる能力を・・・授けてくれた・・・

この世の運命は我が『キング・クリムゾン』を無敵の頂点に選んだはずなのだ・・・・・・・・

オレは『兵士』ではない

精神を他人と入れ替えるスタンド「シルバー・チャリオッツ・レクイエム」が破壊され、もう少しのところで「矢」を手に入れ損ねたディアボロは激昂する。なぜなら「矢」を掌中に収めて世界を支配することが、「運命に選ばれた兵士」であることから逃れる術だと信じて疑わなかったからだ。

 

いい気になって知った風な口をきいてんじゃあないぞッ!!

ジョルノ・ジョバァーナ

おまえには死んだことを後悔する時間をも・・・与えんッ!!

 

わたしの「正体」を感じる者は

この世に存在してはならないッ!

この世のキングとして君臨するために、自分の存在を脅かすようなものは、どんな些細なことであろうとあってはならない。目指すは永遠の絶頂!そのためには、誰一人として自分の存在を知ってはならないのだ。