ディエゴ・ブランドーの名言・名セリフ集一覧①

ディエゴ・ブランドーの名言・名セリフ集一覧①
Sponsored Link

通称Dio。ジャイロとジョニィのライバル的な存在。もともと下層階級の出身だが、イギリス競馬界の貴公子になるほどの実力をもった天才騎手。それぞれの馬のクセを見抜き、それを利用してレースを有利にもっていくことができる。

優勝候補の1人としてあげられているが、目的のためには手段を選ばない冷酷無比なところがある、という噂も。

スケアリー・モンスターズ(恐竜):自分や生物を恐竜化する能力。ネズミなどの小動物を恐竜化させ周囲の索敵をさせたり応用範囲が広い。また自分自身を恐竜化すると、嗅覚や俊敏さや動体視力などが異常なほど飛躍し、そうなると生身の人間ではほぼ太刀打ちできない。

ザ・ワールド:異次元から来たDio(ディオ)のスタンド能力。おかしな表現ではあるけれども時を『5秒だけ』止める事が出来て、その中をDioだけが動くことができる。

 

【別の次元からきたディオ】

『THE WORLD(ザ ワールド)』

オレだけの時間だぜ

ジョニィに倒されたヴァレンタイン大統領がこの世界に連れてきたディオは、『時を止める』能力をもっていた。

 

来い!!ジョニィ・ジョースターッ

結着は止まる時よりも『早く』着くだろうッ!

ジョニィに最後の戦いを挑むディオ。すべては一瞬で終わる。

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄アァアッ!!無駄

ディオと呼ばれる者たちの普遍の掛け声。絶対的な存在を誇示し、相手を完膚なきまでに叩き潰す、王者の咆哮である。

 

くそ田舎者(いなかもの)どもッ!

オレは必ず社会の頂点に立ってみせる!

そしてオレを邪魔するヤツらは靴の中にシチューをもらう事より

もっと屈辱的に「誇り」を切り裂いて地面の上にはいつくばらしてやるぜッ!

貧困時代に味わった屈辱はDioに強烈なまでの復讐心を植えつけた。

 

URYYYYYY

およそディオと言われる者たちはいついかなる時代をも越えて決まってこう叫ぶ。

 

これからの「走り」で

おまえらに再起不能という言葉を

教えてやるぞッ!!

天才騎手と謳われるディオ。その圧倒的な騎手センスは他の追随を許さない。

 

(せいぜいしっかり捕まえなよのセカイって感じだぜ

このDioには関係のないセカイだしな・・・カスどもが・・・・・・)

大統領の使者(マイク・O)に約束だった裏切り者情報をあたえるDio。去っていく使者をみながら、その使者の口癖(~の世界)を真似ながら吐き捨てるように心の中で悪態をついた。

 

【別の次元からきたディオ】

(オレも「覚悟」を決めなくてはならないな・・・この世界のジョニィ・ジョースターはオレにとって『最大の試練』だ

試練は『克服して必ず殺す』)

克服すべき相手ジョニィ・ジョースターを倒す秘策をディオは持っていた。それはヴァレンタイン大統領から得たもの。しかしその方法を行うには自分にも相応の犠牲が必要で、今、ディオはその覚悟をしたのだった。

 

切り裂いた首のその傷はッ!

オレがいた人間世界の悲惨の「線」だ・・・WRYYYYYYY(ウリィィィィィィィ)─────ッ

そしてこれがッ!それを越えた線ッ!

このオレがッ!!手に入れるこの世界への「線」だッ!!

 

おまえの肉を切り裂いて

臓器を床に出して順番に並べてやるッ!

切ってえぐり取るッ!!

 

スポンジとスポンジが・・・・・・・・重なって・・・・・・

そのスキ間がそれのスキ間に入り込むように『2つ』がひとつになって大統領が大統領が・・・!!

このオレがッ!!Dioがッ!!

『2人』ッ!『2人』!いるッ!!

 

(しょせん人間はハトの群れと同じだ

一羽が右へ飛べば全部が右へ行く

どいつもこいつも自分の利益とうぬぼれしか見ようとしない気取り屋どもの集まりだ

そんなヤツらのためにオレの母親が死んだ事は水に流してやってもいいが

オレはもっと気取らせてもらって

そういう「ハトの群れ」をとことん上から「支配」してやるぜッ!)

Dioもまた大統領の目指す“最初にナプキンを取りし者”とほぼ同じ『絶対なる位置』を目指していたのだった。