エリナ・ペンドルトンの名言・名セリフ集一覧①

エリナ・ペンドルトンの名言・名セリフ集一覧①

か弱いようで芯が強い。ジョナサンにとって運命の女性。

 

この涙は幸福(しあわせ)の涙です

あなたがここにいることの

 

ああ・・・・・・今日という日が

永遠に続きますように・・・

 

わたくしはいったいどんな事態が起こっているのかわかりません・・・

だって・・・想像をこえていて 

泣けばいいのか叫べばいいのか

それとも気を失えばいいのかわからないのですもの・・・

 

この唇のぬくもりの中には・・・

ああなんてこと 『死』の実感がある・・・

─ジョナサン・ジョースター─は死ぬんだわ

でも・・・ふたり一緒ならずっとこうしていたい・・・

船が爆発し

なにもかも燃えてしまうまで・・・

なにもかも消えてしまうまで・・・

 

彼の生きた誇り高き人生の物語は 

世間に聞こえることは決してありませんが・・・

彼の子孫には聞こえるでしょう・・・

あの時・・・わたしの体内に宿りつつあった新しい生命には

きっと・・・聞こえるでしょう

 

まあ!ジョジョったらいけないひとッ!

両思いのジョナサンとエリナ。ジョナサンが木にふたりの名前を囲んだハートマークを刻むとエリナは赤面した。

 

エリナ・ショースターは・・・

あなたとともに死にます

愛を確かめあうジョナサンとエリナの前に現れたのは、頭部だけの姿になり果てたディオだった。ディオに肉体を狙われ瀕死の重傷を負ったジョナサンは、最後の波紋で船を爆破させて幕引きを図ろうとする。エリナには船から逃げることを促したが、最愛の妻はその指示に従おうとはしない。