ジョルノ・ジョバァーナの名言・名セリフ集一覧①

ジョルノ・ジョバァーナの名言・名セリフ集一覧①

父親は、ジョナサン・ジョースターの肉体で生きていたディオ。母親は日本人。ジョルノが一番欲しているものは「希望」である。希望さえあればどんな所にでもたどりつけると決心している。

ゴールド・エクスペリエンス(黄金体験):『生命』を与える事のできる力。

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム:スタンドが「矢」に貫かれることによって発現するスタンドパワー。攻撃してくる相手の動作や意志の力を全て「ゼロ」に戻してしまう。

 

このジョルノ・ジョバァーナには『夢』がある!

 

「覚悟」とは・・・・・・・・・・

犠牲の心ではないッ!

「覚悟」とは!!暗闇の荒野に!!

進むべき道を切り開く事だッ!

凍った世界を生み出すスタンド「ホワイト・アルバム」に勝負を挑んで敗れたミスタは、自分の身を犠牲にして失敗を償おうとする。しかしジョルノは「追いつめられた根性」に可能性を見ない。自らの血しぶきで「ホワイト・アルバム」の弱点へと銃弾を誘う道標を作り、ミスタが進むべき道筋を示した。

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

ゆっくりとあじわいな日光浴を!

たったそれひとつだけだ おまえの行くべき道は!

 

人というのは成功や勝利よりも

「失敗」から学ぶ事が多い・・・・・・・・・・

 

切り放した「手」はすでにちがう「生き物」となっている

おまえの腕の中に「侵入し」「食い進む」生き物にな・・・!!

ご存知「ピラニア」にだ・・・

 

暗闇に道を開くのは「覚悟」のある者だけだ・・・おもしろくなってきた・・・・・・

最悪で犠牲は必要だが・・・このぼくとミスタの「責任」は!

「覚悟」が道を切り開く!!

 

ミスタ・・・あなたの「覚悟」は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている

そして我々がこれから

『向かうべき・・・正しい道』をもッ!

ジョルノの「覚悟」が伝わったミスタは、「ホワイト・アルバム」に己の血を浴びせ、致命傷を負わせることに成功した。相打ちで意識を朦朧(もうろう)とさせるふたりのもとに現れたジョルノはミスタの姿を見て、道が切り開かれたことを実感する。

 

もういないんだ!どうやってももうだめなんだ・・・・・・間に合わなかった・・・・・・・・

ぼくが体の中に入れてしまうぐらいッ!お互いの体を行き来できるくらいすでにッ!!「空洞」なんだ・・・

失われたナランチャの魂は二度と戻ることはなかった・・・。

 

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄 無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄 無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄

WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY(ウリャ───────────────)

無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄 無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄 無駄ァアアアアア

悪の際限がないチョコラータに容赦なく裁きの鉄槌を叩き込む。

 

生き残るのは・・・・・・・・・・この世の「真実」だけだ・・・・・・

真実から出た『誠の行動』は・・・・・・・・・・決して滅びはしない・・・・・・・・

スタンド能力を発現させる「矢」で自らを貫いたジョルノのスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」は、全てを無に帰す究極のスタンド「ゴールド・E・レクイエム」へと進化する。その結果からジョルノは、真実を求めた自分たちの行動が間違いではなかったこと、その意志が受け継がれていくことを確信する。