空条徐倫の名言・名セリフ集一覧①

空条徐倫の名言・名セリフ集一覧①

19歳♀。囚人番号FE-40536。ひき逃げ、殺人(無実)、死体遺棄で刑期15年プラス脱獄未遂5年で計20年。174cm、58kg。左肩に星型のアザがある。自分は父親に好かれていないと思い続けて少女期をすごした。BFにも裏切られ男性不信の心のキズはかなり深い。

ストーン・フリー:糸が集まってできているかたまりのようなスタンド。力、スピードの射程はせいぜい2mだが、糸だけを細ーく伸ばしてやれば糸の長さだけの射程を進める。その場合、すごく強度は弱くなる。また、糸電話のように、声や音を聞くことができる。

 

あんた何にでも名前はあるって言ったわよね あたしも名前を付けるわ

「ストーン・フリー」

あたしは・・・この「石の海」から自由になる・・・

 

やるっていうのなら受けて立つわ・・・

アメリカ方式 フランス方式

日本方式 イタリアナポリ方式

世界のフィンガー『くたばりやがれ』よ

世界中の“くたばりやがれ”を指で示し、すでに戦闘態勢はバッチリだ。

 

『通じた』のよ・・・・・・今・・・・・・

父さんを理解出来たと体で感じる・・・・・・

プッチ神父のスタンド「ホワイトスネイク」によって記憶とスタンドをDISC化されて奪われた承太郎は、意識が戻らないまま眠り続ける。しかしドクターが頭部に触れようとした瞬間、体が反応。右腕に「JOLYNE」の傷が形作られた。その頃、右腕に同じ文字が浮かびあがった娘の徐倫は、遠く離れた父から送られたものだと直感する。

 

『ひとりの囚人は壁を見ていた』・・・・・・

『もうひとりの囚人は鉄格子からのぞく星を見ていた』

あたしはどっちだ?

看守ウエストウッドとの激闘の中、徐倫は自問自答する。だが答えは明白だった。

 

本当に・・・・・・

やれやれって感じだわ・・・

さすが承太郎親子だぜ!なセリフ。

 

今後脱獄なんて・・・

そんな予定はない・・・・・・

今する!!オラァ!!

 

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ オラオラオラオラオラオラ

承太郎譲りのオラオラ攻撃炸裂。

 

ウェザー もう一度・・・・・・・・

もう一度話がしたい あなたと

そよ風の中で話しがしたい

記憶のDISCを取り戻し、自分が何者かを思い出したウェザー・リポート。記憶を奪った実兄のプッチ神父と決着をつけようとして絶命すると、エルメェスは風がやんだことを感じ取って胸をつまらせた。徐倫は別れを告げる。ウェザーが能力を封じ込めたDISCを抱きしめながら。

 

つまり・・・だから その・・・マ マで始まる言葉で・・・・・・マ・・・マス・・・・・・

その つまり

マスタ~~・・・・・・・・・・ベ~~~~ ション・・・・・・・・・・をよ・・・・・・

第6部の主人公、しかも女性で承太郎の娘、のセリフはこんな会話から始まるのであった。

 

でももう決心したの!

2度と絶対にやらないわッ!

あたし死ぬまで決してもうひとりエッ ○はやらないッ!誓うわ・・・賭けてもいい!!

アノ行為を想いを寄せてた男の看守にバッチリ見られ、もうやらないことを決意。

 

ムショの中で何買うっていうのよ?

食事にキャビアでもつけるってわけ?

初めて刑務所に入る徐倫には全てが分からないことだらけ。