ジョセフ・ジョースターの名言・名セリフ集一覧②

ジョセフ・ジョースターの名言・名セリフ集一覧②

このジョセフ・ジョースター

若いころから作戦上逃げる事はあっても戦いそのものを途中で放棄したことは決してない

このまま・・・・・・・・ガンガン闘うッ!

 

賭けよう!わしの「魂」を!

 

さ・・・君の番だオービーくん

 

こいつ兄弟して異常なヤツだ・・・!

いや・・・・・・きさまの方が兄キ以上だな 

ムカツキ加減がな

 

そのとおり 助けてやるともじゃ!・・・・・・・・・・

おまえが地獄へおちるのを助けてやる・・・・・・・・・・

 

これから会う男は 初めて会うのにずっと昔から知っている男・・・

そう・・・わしは・・・ずっと知っていた・・・・・・

わしはこいつのことを産まれた時からずっと知っていた・・・・・・・・・・

なつかしい相手ではない・・・

産まれた時から倒すべき相手として・・・・・・・・

わしらジョースターの血はこいつといつか会うことを知っていた・・・・・・・・・・

 

わしも感じたぞ承太郎!

凄まじい殺気ってやつだッ!

ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・

 

DIOにはみんなが貸していたのだよ

一〇〇年前から大勢の人間が・・・

あらゆるものを貸していたのだ

 

だ・・・誰も見てやせんから早く引き離れるん・・・・・・どワああぁあぁああ

敵のスタンド使いマライヤの術中にはまり、体同士が怪しげな体勢でくっついてしまったジョセフとアブドゥル。誰も見てないうちに体を離そうとするが、すでに多くの見物客が。

 

それじゃああんたの負けだ

お若いレディ

勝利の高笑いをするバステト女神のマライヤ。しかしジョセフは鋭く言い放った。

 

だめだ・・・・・・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・・・・

これじゃあ・・・甲子園優勝チームにバットももったことがない茶道部かなにかが挑戦するようなもの・・・

みじめ・・・すぎる・・・・・・

花京院の魂を取り戻すため、承太郎はテレンス・T・ダービーに野球のTVゲームで挑んだ。試合開始直後、TVゲーム未経験者であることが発覚しても、「花京院の魂をとり戻すことだけはマジに考えている・・・」と勝負に没頭する承太郎。しかしジョセフはバットがボールにかすりもしない惨状を大いに嘆く。