東方定助の名言・名セリフ集一覧②

東方定助の名言・名セリフ集一覧②

おまえが・・・・・・『吉良吉影』か

オラオラオラオオオオオラオラオラオラオラオラオラアラオラオラ

記憶を失った青年は、自分の正体と思われる「吉良吉影」の部屋へ。そこは全裸の女性が浴室に監禁され、今まで切った爪が瓶詰めで保管されている異様な一室だった。そして特殊な能力で青年を痛めつけようとする「上の階の男」。彼が「吉良吉影」なのだろうか。

 

知ってる人は・・・・・・あなただけだ

ヒロセヤスホ・・・・・・身長166cm

地面の上にいた人・・・・・・

この世界で他には誰も知らない

「壁の目」のそばで発見された青年は、日常生活に必要な知識を備えており、歴史上の人物も知っている。しかし自分に関する記憶を全て失っていた。知っているのはただひとり、自分を見つけてくれた広瀬康穂だけだ。

 

上に寝るものなの?

じゃあその場合どうやって体を圧迫させればいいんだ?

病院に運ばれた青年は、体の上に分厚いマットを乗せて寝ていた。その奇妙な姿に飛び上がって驚く康穂に、「ニコ」と微笑む。

 

じゃあオレは誰なんだ?

オレはこんな所で何をしている?

大震災当日の深夜、突如杜王町に現れた「壁の目」。その近くで広瀬康穂は土に埋もれた青年を発見する。不思議がって数々の質問を浴びせる康穂に答えることなく、彼は逆に聞き返した。