ナレーションの名言・名セリフ集一覧①

ナレーションの名言・名セリフ集一覧①

【ジョニィ・ジョースター】

ここまでの旅 いったい何本の「河」をぼくらは渡って来たのだろう・・・・・・

そしてあといくつの「河」を渡るのだろう・・・・・・

『スティール・ボール・ラン』レースに参加したジョニィ・ジョースターは思う。「レース中もっとも神経と体力を使うのは『河』を渡る時だ」と。河に足を踏み入れれば無防備になり、虫やマムシに襲われる可能性もある。しかし河を超えなければゴールはいつまでも近づかない。

 

【ジョニィ・ジョースター】

この『物語』はぼくが歩き出す物語だ

肉体が・・・・・・・・という意味ではなく 青春から大人という意味で・・・・・・

 

デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・・・・

そのうち「マジェント・マジェント」は待つ事と考える事をやめた

 

公正なる闘いは内なる不安をとりのぞく

乗り越えなくてはならない壁は「男の世界」 彼はそう信じた・・・・・・・・

それ以外には生きられぬ「道」

 

鉄球の回転は苦痛ではなく「穏やかさ」のためにあるのである

そして一族は代々に渡って発展させて来たのだ

『死刑の執行』これがツェペリ一族の宿命だった・・・・・・

 

すでに少年の鼻血は止まっていた

目には力がみなぎりその皮膚には赤みがさした

彼には「光」が見えていた これから進むべき「光輝く道」が・・・・・・・・

鼻から吸い込む空気は今までにないほどさわやかに胸の中を満たした

 

マフィアはひとつしか持たない者からは何もとらない

しかし『2つ以上』何かを持っている者からは必ずどちらかをとる

 

【ジョニィ・ジョースター】

1890年の夏─────ただひとついえる事は───────このビーチには「美しいもの」が確かに存在していた・・・

暗闇の中に見える「美しいもの」

ぼくは何かにひきつけられてこのビーチに来た 希望という「光が存在する」のか─────

 

「感傷」とは

心の「スキ間」であり

「弱さ」──────

380年にもわたるツェペリ一族の職業・死刑執行人を継承したグレゴリオは、友人も作らず、他人とは深く交流せず、孤高の道を歩んできた。もしも感情に左右されて死刑執行の手元が狂えば、罪人に苦しみを与え、任務を全うしようとする自分の誇りも損なわれてしまうからだ。

 

【ジョニィ・ジョースター】

そしてひとつひとつの河を渡る

今────最後の河を渡り終わった──────

『スティール・ボール・ラン』レースが終わった。競技中に「遺体」をめぐって動いた参加者たちの名前は、どれも最終順位の上位には存在しなかった。しかしジョニィの旅はこれで終わったわけではない。最後の河を渡り終えたジョニィは海を渡る。そして、また新しい物語が始まる。