ペッシの名言・名セリフ集一覧①

ペッシの名言・名セリフ集一覧①

プロシュートの弟分。常にプロシュートを尊敬し、また頼っており、同時に負い目も感じている。弱気な所をいつも兄貴(プロシュート)に責められている。

ビーチ・ボーイ:まるで水面のごとく壁や床に針や糸をたらし獲物を釣ることができる。

釣り針には餌をつけることができ、それは壁についているエアコンのスイッチであったりして、スイッチに触った人の指に針が食い込む。

また、力は本体ペッシの腕力であるが、竿の弾性は釣られた者にとって極度の体力の消耗となる。

 

兄貴ィィィィィィィィィィィィイイイイイイイイイイイ

 

必ずやるって決めた時には「直線」だッ!

今のオレは何が何でも「直線」で突っ切るのよッ!

今まで頼りっぱなしだった兄貴分のプロシュートを失ったことで覚醒したペッシ。迷いのないその心はまさに直線!ブチャラティとの戦いでは、今までの頼りなさは全くなく、百戦錬磨の猛者のような凄みをみせるのだった。

 

わかったよプロシュート兄ィ!!

兄貴の覚悟が!

「言葉」でなく「心」で理解できた!

プロシュート兄貴に頼りっぱなしだったママッ子ペッシは、プロシュートが瀕死になりながらも敵を倒そうとする姿をみて、それまでの自信なさげな表情から一変し戦う男の顔となった。

 

兄貴ィィィィィィィィィィィィイイイイイイイイイイイ

 

ど どけ このオイボレがッ!

ゾンビくせえ手でこのオレに・・・・・・・・

触ってんじゃあねェェ─────ッ

 

『おちる?』落ちるだって?

落ちてくだけるのはウヒャハハハハハ

こいつらの方だアアア──────ッ

 

フゥゥ───・・・

初めて・・・・・・・・・・人をやっちまったァ~~~~~♪

でも想像してたよりなんて事はないな

頼りにしていたプロシュート兄貴の凄絶な生き様を目の当たりにし、心を強くしたペッシは、初めて人を手にかける。

 

兄貴ィッ!プロシュート兄貴ィッ!

やっぱり兄貴ィはスゲェ──やッ!

ママっ子野郎のペッシにとって、頼れるプロシュート兄貴は絶対的存在だ。

 

落ちつくんだ!疑心暗鬼は心の弱さだ!

プロシュート兄ィならきっとそう言ってくれる!

『自信を持て!ペッシ おまえなら動く列車内だろうと絶対にヤツの心臓の鼓動を感じて捜し出せるはずだ』ってな!

 

も・・・もうダメだあああああ

うるさい!うるさい!うるさい!

うるさいんだよオオオ───ッ