プッチ神父の名言・名セリフ集一覧⑦

プッチ神父の名言・名セリフ集一覧⑦
Sponsored Link

『時の加速』により『加速』の行きつく究極の所!『宇宙』は一巡したッ!『新しい世界』だッ!

人類は一つの終点に到着し「夜明け」を迎えたのだッ!

 

わたしが到達したわたしの「能力」は!!

「神」のご意志だッ!

「神」が望んだ能力なのだッ!

新しい人類が始まり

人間の未来はこれで救われるのだッ!

 

細かい出来事は違っても運命は決して変えられない・・・・・・・・・・起こるべくして起こる必然なのだッ!

わたし以外はな・・・・・・

 

もしおまえをこのまま生かし わたしがおまえを見失ったら・・・・・・・・・・

やがておまえは成長し いずれわたしを倒そうとするだろう・・・・・・・・・・それが「未来の運命」だ!!

 

我が大いなる目的の前でエンポリオ!

崩れ落ちる自分の貧弱さを思い知れェエ──────ッ

 

神の御命においてしりぞけるッ!

おまえの行動はエンポリオ・・・

自分の悲鳴をさらに地獄のラッパにするだけの事だった!!

 

覚悟を決めろッ!

覚悟は『幸福』だぞッ!エンポリオ

これが人類のためなのだぁ───────ッ!!消えろエンポリオオオオオオオ

 

やめろォオオオオ知った風な口をきいてんじゃあないぞオオオオオオ

このちっぽけな小僧がああああああああああ あああああがああああぐあばああああ

 

悪い出来事の未来も知る事は「絶望」だと思うだろうが逆だッ!

明日「死ぬ」とわかっていても「覚悟」があるから幸福なんだ!「覚悟」は「絶望」を吹き飛ばすからだッ!

人類はこれで変わるッ!

これがわたしの求めたものッ!

『メイド・イン・ヘブン』だッ!

スタンド能力「メイド・イン・ヘブン」が発動したことで時が加速し、宇宙は一巡。世界は新しく生まれ変わった。前世界の「因縁」を全て置いてきたつもりの神父だったが、エンポリオだけは前の世界のまま存在していた。「運命の夜明け」を体験するのは自分ひとりだけ、と考える神父は、エンポリオに死ぬ運命を受け入れさせようとする。

 

刑務所内教戒師。神父。世界各国から教会責任者へと依頼があるのだが、自ら希望してグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所専属の教戒師となって約8年あまり。服役囚をのぞけば、最も古い刑務所内従業員である。

 

双子の兄として生まれ、その弟が死んだとされたことから、「何故、自分でなく弟なのか?」と運命という概念に強く引き付けられた。そして弟が生きていることを懺悔(ざんげ)に来た女から偶然知ることにより、ますますその思いを強くする。自分は全能なる神の完全なる「しもべ」であり、運命の答えを知ることが自分の使命と信じる。弟・ウェザーは兄に再会してこう言う。「おまえは自分で悪だと気付いていない最大の悪。これこそ最悪」と・・・。

 

ホワイトスネイク:相手が眠っているうちに、その人間の「心」を溶かし『DISC』にして取り出してしまう。DISCは「スタンド」と「記憶」の2枚にして利用する。「心」を抜き取られた人間は精神力がなくなるので、死ぬか、延命技術があれば仮死状態となる。

 

シー・ムーン(C-MOON):重力逆転──神父本体を中心に重力が逆転する。つまり神父本人の頭上は宇宙方向へ重力が逆転する。そして神父から距離が離れていくにしたがって地面に対し水平に物体が落下していく。約3km先で落下は止まり、地球に落ちる。

 

メイド・イン・ヘブン:「重力」と「時間」の間には、特別の関係があると物理学で証明されている。例えば重力が重くなればなるほど、時間の進行は遅くなったりする。詳しい原理は、ここでは、はかり知れないが、スタンド能力「メイド・イン・ヘブン」は地球や月や全宇宙の重力を利用して、時間を少しずつ加速していっているようだ。そして全生物は、その時の流れについていけない。その中で自由なのはプッチ神父と神という概念だけだ。